足利の出会いは38歳だったときです

詩:佐藤治夫「私の年1922」より
…私の日記スペル
それは二人の兄弟についてのエピソードです。
足利の出会いは私が約28から38歳だったときです

その現象は長野県だけなのでしょうか。

1980年代から90年代まで
長野県で地域コンサートが開催されます
大ヒットでした。

なぜなら
当時、足利の出会いは大きな芸術家でした
コンサートを行うことができるホールやホール
まったくありませんでした。

そのため、
コンサートを見ると
私は都市部に出かけるしかない

ああ、それは国の運命です。

もしそうなら、足利の出会いが来るようにしましょう。

これは複雑です
それは考え方の変化でした。

「オラは村の大芸術家です。
コンサートをする]
「うーん、何?」
(長野県にはそんな方言はありません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です