出会いは秋には福岡でよく見られる

出会いは一年中結ばれていますが、秋にはよく見られるので、簡単に言えば、露は秋の季節です。
「露滴」、「露の世界」、または「露の体」としてよく使用される出会い的な用語で、涙や涙のような多くのフレーズがあります。

一滴の露

福岡 出会い

(山本もたけ)
そのため、ズームアップなどの感傷的な隠phorから遠ざかる俳句は単純です。
同じ著者が「百万露の兆候はない」と言っている俳句もあります。数百万の露は、単に見ているだけでなく、感じていることに基づいた言葉であるという感覚があります。

露の世界は露のようです
(小林一茶)
これはある意味で悲しみを叫ぶ小林一茶の歌のフレーズです。約400日で赤ん坊の佐藤を亡くしたときのフレーズ。
私はそれがはかない世界であることを知っていますが、言葉が続かないほど悲しく、とても悲しいと言えます。
露の世界の出会いには、もろさだけでなく残酷さも含まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です