世話が快適だった福岡の出会い

おやすみ

あなたの故郷

砂が私の指の間から落ちるように見えました。

壊れた城は元の形に戻りませんでした。
何度重ねてもスムーズに流れます。

あ。私もそう思っていました


笑い
何もしないふり。
私はヘッドフォンから聞こえる悲しい詩に身を置いた

それは何ですか?

福岡の出会い
手のひらから砂が落ちる
大きな手のひらで手のひらを覆う
流れる砂をすくう
形を作り、積み重ねる
砂の城を作りました。

福岡の出会い
冷たい手です
あなたは私の手を包んでウォームアップ

「私は世話をすることに慣れていません。 』

あなたは私に悲しい顔をした。
暖かい手のひらはまだ私の手に包まれていました。
快適

泣くと思った。福岡の出会い

10月か11月にベルトを買いました。

それは少し短く、非常にタイトでした。

今はワンサイズ短くなっていますか?長いです?なりました。

仕事用にウエストバッグを買ったので
長くて大きいと感じます。福岡の出会い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です