考えていた福岡の出会い

私はそれを考えました。私のやり方は、意識の伝達を感じることです。あるいは、福岡の出会いがテレパシーを携えて助けられているので、私は手を失ってしまいます。

私はこれまでに考えていたことだと思った。

私の頭は比較的明確で片麻痺だったので、話すことができない祖母に試しました。

まず、福岡の出会いは右手にブラシを握ったときに喜びがあった。

福岡 出会い

私が書き始めたとき、私の意識は私の手に渡った。それは強く、弱く、速く、強く、ターン、指で皮膚が素早く動いて、敏感な肘も動きます。

その後徐々に

福岡の出会いの力もうなずいている間に、主人は自分自身を書いているように頷き、全身は動的な動きで書いていました。

私はそれを見て起こった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です