福岡の出会いでは他の人に感謝しています

50代で亡くなった夫に哀れみを感じる

彼の福岡の出会いすぐに、彼は熱心に追悼式を提供していました。

しかしながら

3周年前後から

「夫のいじめを思い出したとき、私は沸騰しました。」

その考えから

仏壇の祭壇を逆さまにして後ろ向きにします

ここから法名が隠されていたそうです。

葉にはエネルギーがあるので、普段言う言葉を少し変えても、心の状態に大きな違いをもたらすことができます。

女子大生が「ごめんなさい」と言った。

誰かに福岡の出会いを求められたら、「お時間を割いてごめんなさい」「いつもお手数をおかけして申し訳ありません」とお詫び申し上げます。

彼女は心の中で他の人に感謝していますが、「ありがとう」とは言いません。

福岡の出会いから「ごめんなさい」と言う癖がありました。

しかし、言葉のエネルギーを考えると、そのような状況では「ごめんなさい」ではなく「ありがとう」と言ったほうがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です