笑顔でも憂鬱になる足利のママ活

「篠ひろ子」「昭和カール」のBGMえすき」
流れはトワイライトプラウに消えます。

竹内まりやから中森明菜への「駅」

栃木・宇都宮でママ活できそうな女性 〜佐野・那須塩原・足利でもママ活にチャレンジしよう


彼女は1986年に彼女のために歌を書いた
彼女は繊細な愛のパターンを歌うイメージで歌を作りました
それは事です。その後、自分でカバーした曲
「シングルアゲイン」のサスペンドドラマ
エンディングに使われ、大ブレイク。足利のママ活

彼はベージュのトレンチコートを着ていた
彼はサラリーマンではなく大学教授です
そうですね…

やっぱりトレンチコートは憂鬱を誘うかもしれない
知りません …足利のママ活

さようなら…さようなら悲しみのコート~♪笑顔を見せて
さようなら…さようなら悲しそうなコート~♪見下ろした罪深い人~♪

「Station」はLIVEで絶対に聴きたい曲です。
最後のサックスのすすり泣きの音色
私は憂鬱に遊んでいます。
足利のママ活
眠れないと思う
日記を書くことにしました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です